即実践型 プレゼンテーション研修

 

  • すぐにプレゼンテーション力が向上する20のルール。

  • 成果が出る半日、1日速習コース、体験型コース。

  • ビジネスリーダー・MBAが実践するプレゼンテーションの基本。

●ビジネスで成果を出すため「プレゼンテーション力」が注目されています。

プレゼンテーションはただの「人前で話す事」、「発表」ではありません。

プレゼンテーションは、「相手の行動を即す」ための「説得」手段です。

 

例えば、お客様企業へのプレゼンテーションはお客様に「当社を知ってほしい」、「製品・サービスを購入してほしい」などお客様の行動を即す「説得」の場面です。

例えば、社内のプレゼンテーションは社内決裁者に「予算を出してほしい」、「開発を進める許可が欲しい」など決裁者の行動を即す「説得」の場面です。

 

この「説得力」がなければ、仕事は前に進みません。

「説得力」は「プレゼンテーション力」であり、プレゼンテーション力によりビジネス成果やスピードが大きく変わってきます。

 

当社は、お客様企業のビジネスの推進力を高めるために「プレゼンテーション力」を高めるための研修サービスを提供しています。

 

●当社のプレゼンテーション研修の特徴

1.徹底的に基本にこだわります。(20のルール)

 

プレゼンテーション力向上には「基本」がとても重要です。

例えば、プレゼンテーションは「相手への説得」ですが、自分たちの立場・目線で話してしまうことが多々あります。相手がいなければプレゼンテーション自体成立しません。相手の立場・目線に立ってプレゼンテーションのストーリーを設計することは基本です。

例えば、プレゼンテーション資料の1ページにしっかりとしたメッセージ、根拠などが明示されていなければ、何ページにもわたるプレゼンテーションのストーリーは作れません。これも基本です。
難しい理論を学ぶことも重要ですが、基本を改めて大切に習得する事が即時性のあるプレゼンテーションスキルアップの近道です。

このような、「基本の20のルール」を用いてお伝えします。

 

2.即実践型/速習の研修。(難しい理論はいらない)

 

当社は「即実践型の研修」をご提供しています。

研修当日中に受講者自身が「スキルアップした」、「講義を受ける前と後で変わった」、「成長できた」と感じていただけることが重要だと考えています。

プレゼンテーションの理論は通常複雑ですが、「基本の20のルール」に沿って、わかりやすく実践的に指導します。また、「体感型」の研修で、学んだことをすぐに身に着けていただきます。

講義設計者は実際のビジネスシーンで数々の受賞をうけたMBAホルダーです。

 

3.フレキシブルな研修カリキュラム。(半日、1日、体感型)

 

お客様企業の課題・状況・参加人数・ご予算に応じて、ベストな研修カリキュラムをご提供できるよう、半日、1日、体感型の研修をご用意しています。(詳細は「研修プログラム」をご確認ください)

プレゼンテーション研修の基本研修カリキュラムは半日、1日、体感型の3つをご提供しています。これらの要素を組み合わせ、お客様企業のご要望に合ったベストなカリキュラムをご提案しています。

 

●研修対象者

  • プレゼンテーション力を向上させたい管理職の皆様

  • プレゼンテーションの基本を学びたい20代の皆様

  • プレゼンテーション力を向上させたい営業の皆様

  • 社内提案等でプレゼンテーション力を高めたい技術職の皆様

  • 社内報告等で簡潔にわかりやすく業務内容を伝えるためにプレゼンテーション力を高めたい間接業務の皆様

 

●研修カリキュラム

1.半日プログラム

以下の「すぐにプレゼンテーションが良くなる20のルール」をベースに講義します。

また、講義中に自ら考えるグループワークがあります。詳細はぜひお問合せください。

 

● 前提条件の理解

  • 「相手を説得する」のがプレゼンテーション。

  • 「何を」説得するのか明確にする。

  • 「誰に」説得し、「興味・関心・現状」は何かを明確にする。

  • 相手と自分との「ギャップ」を把握する。

  • 相手との「ギャップ」から生まれる「質問」を要素化する。

  • 質問要素を説得する「ストーリー」にする。

  • その他の基本情報を整理する。

 

● 資料作成の基本

  • PowerPoint、Word、Excelの違いを理解する。

  • 自分が「主役」であり「資料」はサポート材料である。

  • 論理的ストーリーの「ピラミッド構造」を作る。

  • 1ページの「メッセージ、ポイント、チャート」の原則

  • 「トピック」を明示しておく。

  • 「導入部」を用意する。

  • 「目次」を用意する。

  • 「終結部」を用意する。

  • ページ、ストーリー、構造を相互調整する。

 

● プレゼンテーション発表の基本

  • 発表内容と合った発表姿勢と態度

  • 文章は短く簡潔に。相手の頭を整理しながら話す。

  • 非言語コミュニケーションを取り入れる。

  • 導入部と終結部は明確に伝える。

 

● 番外編

 

2.1日プログラム(体感プログラム)

事前課題として、または1日のプログラム内で10分程度のプレゼンテーション資料を作成します。

実際にその資料をプレゼンしていただきます。この初回プレゼンを記録用に録画します(録画しないバージョンもございます)。

その後「すぐにプレゼンテーションが良くなる20のルール」を学んでいただきます。

学んだことをもとに、先ほどのプレゼンテーション資料とスピーチ内容を改善していただきます。

最後に改善したプレゼンをしていただきます。この最終プレゼンを記録用に録画します。(録画しないバージョンもございます)。

最初のプレゼン動画と最後のプレゼン動画を見比べて、受講者とともに「気づき」のディスカッションを行います。

 

● 初回プレゼンの実施

● 講義(半日コースの内容を参照)

● 最終プレゼンの実施

● 「気づき」のディスカッション

 

3.体感型プログラム

貴社でおこなわれる、または行われた実際のプレゼンテーションをプレゼンしていただきます。

この初回プレゼンを記録用に録画します(録画しないバージョンもございます)。

その後「すぐにプレゼンテーションが良くなる20のルール」を学んでいただきます。

また、実際の貴社プレゼンテーション内容をもとに、講師からの付加的アドバイスを入れていきます。

学んだことをもとに、先ほどのプレゼンテーション資料とスピーチ内容を改善していただきます。

最後に改善したプレゼンをしていただきます。この最終プレゼンを記録用に録画します。(録画しないバージョンもございます)。

最初のプレゼン動画と最後のプレゼン動画を見比べて、受講者とともに「気づき」のディスカッションを行います。

 

● 初回プレゼンの実施

● 講義(半日コースの内容を参照)

● 講師のアドバイザリー

● 最終プレゼンの実施

● 「気づき」のディスカッション

 

●プログラム設計者/講師

伊藤 大輔 (いとう だいすけ)

慶応義塾大学 経済学部卒業。大手マーケティングCRM会社に入社しグローバルプロジェクトを含む多数のプロジェクトを担当。最優秀社員賞などを受賞。在職中、青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科に通い、首席で卒業(総代)。大学院を卒業後退社し、日本プロジェクトソリューションズ株式会社を起業して、代表取締役社長に就任 、その後複数の会社を設立。現在に至る。
青山学院大学大学院(MBAコース)「プロジェクトマネジメント」で講師を務める。

実際のビジネスの現場でのプレゼンテーションを通じて成果をあげている。

  • 経済産業省 University Venture Grand-Prix 大賞受賞

  • 大田区ビジネスプランコンテスト 優秀賞 受賞

  • キャンパスベンチャーグランプリ 優秀賞 受賞

  • 横浜ビジネスグランプリ セミ・ファイナル進出

  • 東京都学生起業家選手権 優秀賞 受賞

  • 一般財団法人学生サポートセンター学生ビジネスプランコンテスト 優秀賞 受賞

 

日本プロジェクトソリューションズ株式会社 代表取締役社長

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 講師
一般社団法人日本PMO協会 代表理事。

株式会社ブランクフリー社外取締役。
PMP (米国PMI認定Project Management Professional)有資格者、CSM(認定スクラムマスター)有資格者、MBA (経営管理修士)。

著書に「担当になったら知っておきたい『プロジェクトマネジメント』実践講座」(Amazonサイト)がある。
日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、プロジェクトの専門会社として教育研修事業、プロジェクト実行支援事業、プロジェクトツール教材開発事業を行っている。教育研修事業において、現在約3,000名を育成、教育した実績がある。現在、大手企業、中小企業、教育機関、NPO法人等を含め約150社と取引をしている。

 

プレゼンテーション研修開発者の想い

当社では様々な実践型研修をご提供しています。その中で、研修で学んだことを実際のビジネスに活かされることが多々あります。例えば、当社の「新規事業開発とアントレプレナーシップ」研修では、新規事業開発手法を学び、実際にビジネスプランや事業計画を生み出していきます。お客様企業では素晴らしいビジネスプランを生み出されます。その優良なビジネスプランを受講者がお客様企業の決裁者や役員に対してプレゼンテーションすることも多々あります。

この時、せっかくの優良なビジネスプランが、プレゼンテーション力によって相手に訴求できていないことが多々ありました。そこで、当社では、プレゼンテーションのフォローをお客様企業に行ってまいりました。そこで、プレゼンテーションの基本を身に着けることで、即時にプレゼンテーション力が上がる場面を目にしてまいりました。お客様企業からのお喜びの声もいただき、本コンテンツはお客様に価値を提供できるものとして、研修化いたしました。

ぜひ、「即実践型プレゼンテーション研修」をご有用いただけますと幸いでございます。

 

●お客様企業・受講者様の声(一部)

  • プレゼンの基本的な心構えからわかりやすくご指摘いただき、当方にとって大変有意義な研修でした。

  • 研修を受けた皆も、効果が実感できたと大変喜んでいました。

  • 今日の練習を通じて、3人の発表者のみではなく、参加者全員にとって大変勉強になりました。

  • ご指導のお陰で皆が高レベルのプレゼンが出来ました。

  • 練習の効果が即現れて、皆が喜んでいました。

 

 

●お問合せ

【お電話でのお問合せ】

皆様からのお問い合わせ、ご質問、お見積り、ご注文等は以下電話番号からお気軽にご連絡ください。

 

​​03-6869-7573

平日9:00~18:00

カスタマーセンター

【メールでのお問合せ】

皆様からのお問い合わせ、ご質問、お見積り、ご注文は以下メールフォームからお気軽にご連絡ください。

 

※メールフォームからご連絡いただいた後、弊社担当よりメールにてご連絡をさせていただきます。

※メールアドレスは、正しいものごご入力ください。間違っている場合には、弊社からのご連絡ができない可能性がございます。ご注意ください。

 

●お取引・サービス・セミナー提供実績(一部)

(順不同)(2017年9月現在)
最新情報は当社トップページの最下部をご覧ください。

味の素株式会社様

株式会社パソナ様

株式会社オートバックスセブン様

ソニー株式会社様

ソニー生命保険株式会社様

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント様

ジブラルタ生命保険株式会社様

ボッシュ株式会社様

株式会社エイブル様

参天製薬株式会社様

文化シヤッター株式会社様

アイ・ティー・エックス株式会社様

テクマトリックス株式会社様

株式会社コラボス様

株式会社メディックス様

株式会社PhoneAppli様

株式会社サイバーコネクション様

株式会社ネットラーニング様

インパクトジャパン株式会社様

株式会社アルク様

株式会社ジョブダイレクト様

光伸エンジニアリング株式会社様

株式会社JCDソリューション様

キューアンドエー株式会社様

ディー・キュービック株式会社様

株式会社リクルートキャリア様

株式会社リクルートジョブズ様

株式会社リクルートコミュニケーションズ様

株式会社ベルシステム24様

阪和興業株式会社様

株式会社 三技協様

もしもん株式会社様

テンプスタッフ株式会社様

中央コンピューターサービス株式会社様
株式会社シグマクシス様
株式会社パフ様
カルソニックカンセイ株式会社様

株式会社M.H.M様

クローバー動物病院様

マネジメントバイタリティ様

一般社団法人 日本PMO協会様
特定非営利活動法人NPO サポートセンター

株式会社カサレアル様

株式会社プロサイト様

ファイナンシャルリバティ株式会社様

株式会社ルミノーゾ・パートナーズ様

株式会社シープ様

ニスコム株式会社様

日本プロジェクトマネジメント協会様
Gift Your Life 株式会社様
株式会社虎ノ門ファイナンシャル様
サイド・バイ・サイド株式会社様
株式会社ごえんフィナンシャル様
株式会社M'sライフコンサルタント様
インシュラーズ株式会社様
株式会社ディスタンス様
株式会社スリーケーシー様
株式会社グリーンフォレスト様
Vitra株式会社様

 

日本コカ・コーラ株式会社様
内閣官房内閣人事局様
日本ロレックス株式会社様
日本郵船株式会社様
日本郵便株式会社様
ソフトバンク株式会社様
トレンドマイクロ株式会社様
ソネット株式会社様
株式会社協和発酵キリン様
アンジェス株式会社様
株式会社インテック様
マブチモーター株式会社様
アイビーシステム株式会社様
ディーコープ株式会社様
ロクシタンジャポン株式会社様
株式会社ノビテク様
株式会社プラスアルファ・コンサルティング様
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社様
シスメックス株式会社様
日本デジタル配信株式会社様
エース損害保険株式会社様
キューアンドエーワークス株式会社様
一般社団法人 生涯学習普及協会様
サンドプレイス株式会社様
株式会社アントレ・ラボコーポレーション様
株式会社CCM総合研究所様
WithYou株式会社様
株式会社PETWORK様
株式会社英揮情報システム様
大興電子通信株式会社様
エン・ジャパン株式会社様
一般社団法人 日本能率協会様
株式会社 JTBモチベーションズ様
TIS株式会社様
株式会社あきない総合研究所様
ハイウエア株式会社様
株式会社やさしい森様
クロス・ヘッド株式会社様
株式会社アイクラウド様
株式会社 I.I.E.国際環境研究所様
コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社様
株式会社 OPERA様
株式会社ジェイ・ソル様
株式会社商業科学研究所様
公益財団法人 北海道中小企業総合支援センター様
特定非営利活動法人 NPOサポートセンター様
青山学院大学様
亜細亜大学様
産業技術大学院大学様
聖学院大学様
大手製薬会社様
大手化粧品メーカー様
大手情報通信事業者様
大手建材メーカー様
大手プリンターメーカー様
大手総合商社様
大手ITエンジニアリング会社様