PMBOK®Guide第7版 変更に関する最新情報

Wave

PMBOK®Guide 7th

PMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)が第6版から第7版へと変更されます。​日本プロジェクトソリューションズでは、PMBOK®Guide第7版への変更に関する最新情報を日本語で、わかりやすくお伝えいたします。

※米国PMIによる最終的なPMBOK®Guide第7版と内容や表現などが異なる場合がございますので、あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

※詳細については米国PMIウェブページにてご確認いただけます

https://www.pmi.org/certifications/types/project-management-pmp/earn-the-pmp/pmp-exam-preparation/pmp-exam-updates

そもそもPMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)とは?

PMBOK®Guide(Project Management Body of Knowledge)には2つの役割があります。

  1. PMIがすべてのプロのプロジェクトマネージャーが知っておくべき知識の中核となるものをまとめたもの:
    PMP®試験と、認定資格であるProject Management Professional (PMP) および Certified Associate in Project Management (CAPM)のベースとなっており、プロジェクトマネジメントの幅広い知識を用いて規格を適用するためのフレームワークを提供するプロジェクトマネジメント知識体系ガイドであること。
     

  2. プロジェクト管理のための標準:
    米国PMI本部は、ISOとANSI(アメリカ合衆国における工業規格の標準化を行う機関でJIS規格に近い位置づけ)という2つの標準化団体の指定を継続することとしています。これまでのPMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)と同様に、PMBOK®Guide第7版には米国PMI本部のプロジェクトマネジメントのための規格が含まれています。

PMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)が変更される理由

急速な技術の進歩と、組織や市場の変化に迅速に適応する必要性から、PMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)は定期的に改定を重ねています。

企業の持続的成長、新たな価値提供のためにはより早いサイクルでものごとを生み出していく必要があり、プロジェクトマネジャーは、業務を遂行し、価値を提供するために、適切なデリバリアプローチ(予測型、アジャイル型、ハイブリッド型)を見極め、選択する必要に迫られています。

PMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)が適切なものであり続けるためには、このような柔軟性を反映する必要があります。

また、現場のプロジェクトマネジャーがプロジェクトを管理し、想定した成果を実現するためのアウトプットを提供できるようサポートためにも、この度のPMBOK®Guide第7版への変更がとても大きな意味を持ってきます。

PMBOK®Guide(PMBOK®ガイド)第7版の最も大きな変更点

PMBOK®Guide第7版の最も大きな変更点は下記の通りです。

これまでの”プロセス”重視の内容ではなく、”原理・原則”に基づいて構成され、現行よりも大幅に内容がコンパクトになる*

プロジェクトマネジメントでは、一般的に受け入れられ、実践されている”原則”があります。

現在までのPMBO®Guide(PMBOK®ガイド)が成果物に焦点を当てていたのに対し、PMBOK®Guide第7版では成果物よりも”価値(価値提供・プロジェクトの納品による、組織と利害関係者にもたらされる価値)に焦点を当てることになります。

*PMBOK®Guide第6版のITTO(インプット・ツールと技法・アウトプット)は、プロジェクトマネジメントの方法論(How To)に関する内容ですが、第7版で完全になくなるわけではありません。PMBOK®Guide第6版におけるITTOは、今後は「デジタルコンテンツプラットフォーム」にて引き続き提供される予定です。デジタルコンテンツプラットフォームについて、米国PMI本部より詳細情報が発表されましたら、本ページでご案内させていただきます。

PMBOK®Guide 第7版の発行の時期について

  • 米国PMI本部の最新情報では、PMBOK®Guide第7版は2020年の第4四半期に発行される予定ですが、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大における影響や先だって実施されるPMBOK®Guide第6版の試験変更などにより、PMBOK®Guide第7版の発行のタイミングが2021年にずれ込むことも予想されます。
     

  • ​現時点では詳細なリリース情報が発表されていないため、最新情報が発表され次第、随時ご案内させていただきます。

PMBOK®Guide7版への変更点

PMBOK®Guide第6版」から「PMBOK®Guide第7版」へは、大幅な変更が見込まれています。

 

  • PMBOK®Guide第7版は、これまでのプロセス重視から、「原理・原則」に基づいて構成されます。

  • PMBOK®Guide第7版は、第6版に比べて内容が大幅にコンパクトになります。

  • PMBOK®Guide第7版では、成果物から「価値/価値提供」に焦点が当てられます。

  • PMBOK®Guide第7版では、5つのプロセス群がなくなり、「プロジェクトにおける12の原則」が新たに設置されます。

  • PMBOK®Guide第7版では、10の知識エリアがなくなり、「8つのパフォーマンスドメイン」が新たに設置されます。

<補足>

PMBOK®Guide第7版への変更は、プロセスベースのアプローチがもはや関連性がなく、有用でないことを意味するものではありません。多くの組織やプロジェクト担当者は、従来のプロジェクト管理手法(ウォーターフォール型)で成果物を提供しています。また、プロジェクトでは成果物を提供・納品し、これらの成果物は組織とその利害関係者に価値をもたらすことから”価値(価値提供)”により、フォーカスした構成になりますが、従来のアプローチはPMBOK®Guide第7版の文脈においても、引き続き関連性を持つことを念頭に入れておいてください。

プロジェクト・デリバリーにおける「12の原則」

  • Stewardship:スチュワードシップ

    企業価値の向上および持続的成長のために、適切に資産を管理すること
     

  • Team:チーム

    説明責任と尊敬の文化を醸成すること
     

  • Stakeholders:ステークホルダー・利害関係者

    ステークホルダーの関心やニーズを把握するために、利害関係者に積極席に働きかけること
     

  • Value:バリュー

    価値(成果)を重視すること
     

  • Holustic Thinking:包括的思考

    相互作用を認識して対処すること
     

  • Leadership:リーダーシップ

    周囲のモチベーションを高め、影響を与え、指導し、そして自らも学ぶこと
     

  • Tailoring:テーラリング

    文脈に応じて価値提供のデリバリーアプローチを適宜調整すること
     

  • Quality:品質

    品質をプロセスと結果に還元すること
     

  • Complexity:複雑さ

    知識・経験・学習に基づいて複雑さに対処すること
     

  • Risk:リスク

    好機と脅威のリスクに対処すること
     

  • Adaptability and Resilience:順応性と柔軟性

    適応力と回復力を身につけること
     

  • Change Management:チェンジ・マネジメント/変更

    思い描く未来実現に向けて、変更を可能にすること

8つの

パフォーマンス・

ドメイン

PMBOK®Guide 第7版はプロジェクトにおける原理・原則をベースにしており、これまでのような知識領域やITTO(インプット・ツールと技法・アウトプット)よりも、プロジェクトの成果を効果的に提供するために重要な関連活動のグループとなる、「プロジェクトパフォーマンスドメイン」(実行・遂行領域/能力療育)を中心に構成されます。

 

ドメインには、重要なプロジェクト管理手法が含まれており、型通りの「ハウツー(方法論)」ではなく、それぞれのドメインがプロジェクトマネジメントにどのように重要であるかが説明される形になります。

 

※最終的に米国PMI本部にて確定される表現や内容と異なる場合がございます。

PMBOK®Guide第6版から第7版への変更概要

Keyboard and Mouse
Square Stage

PMP®資格支援

サービス

学習・申請・監査まで

​トータルでサポート