3293133_m.jpg
FT ranking AWARD 2021-2.png
FT ranking AWARD 2020-2.png

2020 & 2021 英フィナンシャル・タイムズ紙 NIKKEI ASIA紙:アジア急成長企業ランキング「FT High-Growth Companies Asia-Pacific」2年連続ベスト200社にランクイン。

図1.png

日本プロジェクトソリューションズは、Project Management Institute(PMI)認定トレーニング・パートナー(ATP)です。

マネジャー育成

「インターパーソナル(人間力)強化研修シリーズ」
 

​マネジャーに必要な人間力の育成に特化したトレーニング

従業員にラインマネジメント研修やプロジェクトマネジメント研修を受講させたが、なかなか成果が出ない。

貴社にこのような課題があれば、本ページをぜひご覧ください。

知識や技術は仕事において必須のものです。

しかし、それらは「道具」です。

「道具」は、それらを使う人間の能力により、道具の価値が大きく変わってきます

本研修シリーズはマネジメントの知識や技術を活かすための、人間力育成に関する研修シリーズです。

貴社の課題に合わせて、各種研修モジュールを組み合わせてご提案いたします。

● マネジメント成功の5大要素(循環)

画像1.png

【知識・技術】

マネジャーであっても、一般社員であっても、割り当てられた仕事を実行するには、知識・技術が必要です。

これをスキルセットやミニマムスキルなどと呼ばれます。

マネジャーは組織全体として求められたアウトプットを実現させるために、人財を採用・アサインしたり、育成したりします。

これらは通常の知識・技術系研修で習得できたり、人財採用・アサインで実現ことができます。

【モチベーション】

マネジャーの知識・技術以外で求められる人間力はここから必要になります。

組織全体として必要な知識・技術を持った人財が集まっても、その知識や技術を「活用しよう」と思うモチベーションがメンバーになければ、それらの知識・技術は活かされません。

組織のメンバーが自律的にモチベーションを高められれば良いですが、現実は異なります。

マネジャーは、いかにメンバー個々の価値観を把握し、感情を動かし、組織での活動動機を生み出すかが求められます。

例えば、「社会貢献」に仕事の喜びを感じる価値観を持つメンバーに対して「君の管理力は素晴らしいよ」と評価しても感情は動きません。

逆に「管理」に仕事の喜びを感じる価値観を持つメンバーに対して「君の仕事は社会貢献に結び付いている」と評価しても感情は動きません。

人は感情の生き物と言われています。

いかに、メンバーの欲求を満たし、知識と技術を存分に発揮してくれる状態・状況を作るかが求められています。

【リーダーシップ】

​マネジャーがメンバーのモチベーションを高め、モチベーションが高まっているメンバーを組織の目指す方向に導くためには「リーダーシップ」が必要です。

貴社ではこのような課題は無いでしょうか。

会社や組織の状況が急激に変化した際、なかなかマネジャーがメンバーに対して変化をリードしてくれない。

この原因は「リーダーシップが無い」というだけではなく「リーダーシップのパターン」が単一であることも原因である場合があります。

リーダーシップは世界共通の定義がなく、経営学の中でもあらゆるアプローチが存在するエリアです。

例えば、オフィスで火災が発生した際、「どう逃げるかみんなで考えましょう」と支援型のリーダーシップを主としたスタイルでは大惨事になる可能性があります。

逆に、社員旅行など愉しい雰囲気の中で「部長の命令で12時10分から昼食にするから集まれ!」と指示型のリーダーシップを主としたスタイルでは従業員のモチベーションは下がることでしょう。

このように、リーダーシップは複数のアプローチを知り、体得する必要があります。

【コミュニケーション】

​マネジャーがリーダーシップを発揮するためには、コミュニケーションが欠かせません。

また、メンバー同士のコミュニケーション良し悪しは、組織全体のアウトプットに影響します。

マネジャーは戦略的にコミュニケーションを最適化していく必要があります。

コミュニケーションは情報の発信者の思考を言語・数字・図などに置き換え、適切な媒体を通じて、相手に伝えます。

相手である受信者は、その言語・数字・図などを解釈し、相手の思考に落とし込み、理解します。

しかし、発信者と受信者の人間関係(感情のもつれ等)により、適切な言語化、媒体の選択をしても、相手に伝わらないことがあります。

マネジャーはこれらを理解し、組織の適切なコミュニケーションをデザインし、自ら率先して実行していく必要があります。

【チームビルディング】

ここまでの過程で、チームメンバーのモチベーションが高まり、マネジャーのリーダーシップや適切なコミュニケーションデザインにより、チーム力は高まっていきます。

チーム力が高まる過程で、組織のメンバー間での「コンフリクト(衝突)」も発生するのが現実です。

このコンフリクトを解消していくことで、チームはさらに強くなっていきます。

コンフリクトの解消は、マネジャーの重要な役割です。

コンフリクトは双方の「テーゼ(正)」と「アンチテーゼ(反)」により発生します。

この解消でマネジャーが求められるのは、コンフリクトの本質の理解と、それを理解した上での「ジンテーゼ(合)」を生み出すことです。

つまり、「テーゼ(正)」と「アンチテーゼ(反)」を内包した「第三のアイデア」である「ジンテーゼ(合)」の発想力が求められます。

【次のステージへ】

チームビルディングが進むと、組織は強くなり、より高度なアウトプットの実現が可能となります。

そのために、次のステージの「知識・技術」が必要となります。

マネジャーやチームメンバーは次のレベルの「知識・技術」を習得し、さらに、マネジャーは高次元でこの「マネジメントの5大要素」の中の人間力部分である「モチベーション」、「リーダーシップ」、「コミュニケーション」、「チームビルディング」を磨くことで、組織は成長していきます。

 

実践型プロジェクトマネジメント関連研修の決定版

選ばれる理由

多くの企業経営者、管理職の皆様からの声から生まれた「実践型プロジェクトマネジメント関連研修」の決定版です。

基本プログラム

プロジェクトマネジメントには、その基本的な知識と技術の習得が欠かせませんが、それだけでは十分ではありません。

 

プロジェクトを成功に導くためには知識と技術のほかに“人間力”が必要不可欠です。

人間力には、「モチベーション」「リーダーシップ」「チームビルディング」「コミュニケーション」といった要素があり、日本プロジェクトソリューションズでは、研修をご希望される企業様の状態や状況に応じて、研修カリキュラムのコンテンツ(モジュール)を組み合わせ、体感型ワークを交えながら、即実践的かつ企業様ごとにに最適な研修をご提供しています。
 
私たちの強みは、プロジェクトマネジメントの専門会社としての知識や技術の強みを活かした「研修カリキュラムのコンテンツ(モジュール)」を複数持っていることです。
これらを組み合わせてご提供することで、研修をフルカスタマイズするよりもリーズナブルに、かつ企業様ごとの状況・状態に合わせた研修をご提供しており、研修をご希望される企業様のご要望や課題等に応じて最適な研修プログラムをご提供いたします。
 
研修カリキュラムのコンテンツ(モジュール)のパーツや、具体的な事例は、ぜひ以下の記載を最後までご確認ください。
 
以下に主な基本プログラムをご案内いたします。

研修概要
●コース名 
実践型プロジェクトマネジメント関連研修
 
●期間
コース:通常1日(8時間)
※貴社ご要望に応じて調整させていただきます。
 
●講義対応曜日・時間
平日および土曜 9時~18時(昼休憩1時間を含む)
 
●研修場所・実施方法
・お客様企業内、弊会指定研修施設(東京23区)、お客様指定研修施設での講師による対面型

・オンライン開催(Google MeetやZoom等)

・対面型とオンラインのハイブリッド型
 
●受講者
・プロジェクト従事者(現役のプロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダー、プロジェクトチームメンバー)

・これからプロジェクトマネジメントに従事される皆様、管理職層、経営幹部候補
※参加者層により講義内容を変更いたします。
 
●概要
貴社のプロジェクトマネジメントにおける課題に応じて、プロジェクトマネジメントの基本概念、プロジェクトに必要とされる人間力の強化、プロジェクトマネジメン・ツールの知識と技術の習得を目的とした研修です。
知識と技術を座学で学び、その後、グループワークにて学んだことを貴社内で実践できる仕組みをご提供いたします。
 

​モジュール1:知識と技術

プロジェクトマネジメントの基礎となる知識と技術を習得します。

モジュール2:モチベーション

学んだ基礎知識を実務やプロジェクトに活用するためのモチベーション(プロジェクトマネジャー自身の動機付け)を促進するためのモジュールです。

  • 職場適応型プロジェクトマネジメント研修

プロジェクトマネジメントに最低限の知識は必要となりますが、知識を学んだあとに課題となるのは「学んだ知識を自らの仕事の中に活かすことができているか?」ということです。知識は使ってみないとスキルに昇華させることはできません。しかし、現実的には知識として「知る」ということと実際に「使う」ということの間には大きなギャップがあります。この要因のひとつが「学習(研修)転移(Transfer of Training)」の問題と言われています。「学習(研修)転移」とは学んだことを仕事に適応させることですが、そのためには、どのような場面で、どのような理由で、その知識を使う意味(効果)があるのかをイメージすることが重要です。これにより「使ってみる」⇒「習熟する」⇒「結果につながる」というモチベーションの好循環に入って行くことができるようになります。
本プログラムではケーススタディを使いながら、モチベーションの好循環のイメージを獲得し、研修で学んだ知識を実務に活用できるようにすることを目的としています。

<研修の特徴>

  • 座学とケースを使ったワークショップ形式で、疑似体験的に学ぶことができる。

  • 実際にプロジェクトで起きがちなこと盛り込んだケースにより、プロジェクトの各場面で必要な手法の必要性を実感を伴ったものとして理解できる。

  • 単なる理論ではなく、講師の経験をベースにした内容で実践的に学ぶことができる。

<学習目標>

モチベーションの好循環のイメージを獲得するために、下記のポイントを理解することを目標としています。

  • プロジェクトマネジメントの勘所を理解する。

  • プロジェクトマネジメントの勘所について、手法やツールがどのように役立つのかを体験的に理解を深める。

  • 手法やツール等を自らの仕事にどのように活用できるかを考え、理解する。

モジュール3:リーダーシップ

プロジェクトマネジメント、プロジェクトマネジャーに必要とされるリーダーシップ開発や能力向上をご検討されている企業様に適切なモジュールです。

  •  研修名

研修概要

<研修の特徴>

<学習目標>

モジュール4:チームビルディング

プロジェクトマネジメントやプロジェクトマネジャーに必要とされるチームビルディングの強化・構築をご検討の企業様に最適なモジュールです。 

 

  • プロジェクトマネジャーのためのチームビルディング研修


プロジェクトの成功には適切な手法やプロセスの選択が重要となります。しかし、同じ手法やプロセスを選択しても、チームを構成するメンバーの関係性によってパフォーマンスは変わります。チームの成果を最大化するために、プロジェクトマネジャーはチームメンバーからの信頼を得て、成果を上げられる環境を作る必要があります。

本プログラムでは、タックマンモデルをもとに、チームを生成発展させるためにプロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーとしてどのような視点で、どのような手を打つ必要があるのかについて、体感的に理解を深めるためのコンテンツをご提供致します。

<研修の特徴>

  • チームの発展段階を俯瞰し、冷静に対処することができる。

  • レクチャー+チーム活動により、チームの発展段階のポイント体感的に理解できる。

  • プロジェクトマネジャーとしての自身の行動特性について理解を深めることができる。

<受講目標>

  • タックマンモデルにおける各成長段階のポイントを理解する。

  • プロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダーとしての自身の特徴を理解する。

モジュール5:コミュニケーション

プロジェクトマネジャーにはコミュニケーションスキルが欠かせません。プロジェクトマネジメントやプロジェクトマネジャーに必要とされるコミュニケーションスキルの開発・向上をご検討の企業様に適切なモジュールです。 

 

  • プロジェクトマネジャーのためのコミュニケーション研修


人と一緒に仕事をするうえでコミュニケーションの良し悪しはプロジェクトの成否を大きく左右します。また、「プロジェクトマネジャーの仕事の90%はコミュニケーション」と言われています。
コミュニケーションとは、プロジェクト内で情報や人の感情を流通させることで、人間の体に例えると、必要な栄養素を運ぶ血流のようなものです。血流が止まれば当然プロジェクトは止まってしまいますので、様々なステークホルダーと効果的にコミュニケーションをとることは、プロジェクトマネジャーにとってプロジェクトを成功さえるためには避けて通れないことです。

本プログラムでは、プロジェクトマネジャーのコミュニケーションスキルを高めるプログラムをご提供いたします。

<研修の特徴>

  • プロジェクトにおけるコミュニケーション向上の視点が明確になる。

  • プロジェクトでコミュニケーションを向上させるためのスキルを理解する。

  • 実践的な演習を盛り込んだ体感型プログラムで記憶に残りやすく、肚落ちできる。

<受講目標>

  • プロジェクトマネジャーに必要なコミュニケーションスキルを獲得する。

研修プログラム例
講義の特徴

実践型プロジェクトマネジメント関連研修の特徴は、各企業様の課題に対応し、研修モジュールを組み合わせてカリキュラムをご提供する「セミカスタマイズシステム」形式です。フルカスタマイズ研修よりもリーズナブルかつ、研修実施までのリードタイムを短縮できます。詳しくは本ページ下部の「お問合せ」からお気軽にご連絡ください。
 
納品物・成果物例

  • 教材(テキスト)

  • グループワークアウトプット


本講義の特徴として、教材(テキスト)だけではなく、グループワークのアウトプットがあります。
このアウトプットをお持ち帰りいただく事により、その後、貴社実務の中でそのアウトプットをもとにツールやプロセス、役割や組織などの構築につなげていただけます。

お問合せはこちら

実践型プロジェクトマネジメント関連研修についてのお問合せは、以下のフォームよりお気軽にご連絡ください。

​内容を確認のうえ、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

送信ありがとうございました。内容を確認のうえ2営業日以内に担当よりご連絡致します。