top of page
2463560_m.jpg
図1.png

日本プロジェクトソリューションズは、Project Management Institute(PMI)認定トレーニング・パートナー(ATP)です。

映像型eラーニング

 

ECO完全攻略ガイド

eラーニング

PMP®受験者用の学習教材

● 時間と場所を選ばない効率的な学習

● 映像型eラーニング

● 領収書発行/低価格

本コースは、PMP®試験の試験要綱であるECO(Examination Content Outline)の内容を凝縮して学べる、映像型eラーニングコースです。

 

現在のPMP®試験は、以前のPMP®試験とは異なり、「最新のPMBOK®ガイドを学び記憶しておけば合格できる」試験ではなくなりました

米国PMIの公式アナウンスでも、PMP®試験は「ECO」に記載された範囲から出題され、PMBOK®ガイドは「参考図書のひとつ」であることが発表されています。

また、現在のPMP®試験は「シナリオ問題(シチュエーション問題)」であり、試験問題に明示されたプロジェクトの状況や状態に対して、プロジェクトマネジャーとして最も適切な選択肢を選び解答するものとなっています。

 

■ PMP®受験者が抱えるよくある悩み

当社はPMIの認定教育プロバイダー(ATP)として、数多くのPMP受験者に対してサービスをご提供させていただいております。

その中で、現状のPMP®試験状況で、ECOとPMBOK®ガイド、そしてPMP®試験問題が具体的にどのように関係しているのか、いまいち理解ができないというお悩みを多く聞いてまいりました。

特に多いお悩みが以下のものとなります。

  • ECOが出題範囲を明示しているドキュメントであることはわかるけれど・・・いまいちどのように活用すれば良いかわからない。

  • ECOで出題範囲がわかったとして、どう勉強すれば良いかわからない。

  • ECOの出題範囲でどのような傾向のPMP®試験問題が出るのかわからない。

  • PMP®試験問題を解答する時にECOの内容をどう生かすべきかがわからない。

本コースは、これらのPMP®受験者の悩みを解決するために生まれ、皆様にご利用いただいているコースになります。

 

■ 本コースの特徴

本コースは、ECO、PMBOK®ガイド第7版、試験問題が「どのように関係しているのか」を具体的に解説した「ありそうでなかった」教材となります。

具体的には、ECOの全35タスクの各タスクに対して、エッセンスを凝縮した5分~10分の動画型eラーニングを通して、以下流れでECO、PMBOK®ガイド第7版、試験問題の関係性を解説しています。

  • 各タスクの内容はどういったものか。

  • 各タスクの内容はPMBOK®ガイド第7版のどこに関係しているのか(どこで学べるのか)。

  • 各タスクの「プロジェクトマネジャーに期待されているアクション」とは何か。

  • 実際の試験問題ではどのような傾向の問題として出題される可能性があるのか。

  • 試験問題ではどのような部分を注目し、どのような思考で解答を導いていくのか。

 

■ ECOで試験勉強を効率的に

既に記載したように、現在のPMP®試験範囲はECOに記載されている範囲となります。

この試験範囲を正確に知ることで、やみくもに試験勉強するよりも効率的に試験勉強ができるようになります。

いきなりPMBOK®ガイドを読むよりも、出題範囲のターゲットが明確な状態で読んだ方が、効率的に学ぶことができます

例えば、ECOの「人ドメイン」の「タスク1」は「コンフリクトを管理する」ですが、これを知っていてPMBOK®ガイド第7版を読めば、コンフリクト関連の記述を見つけた際、「これは出題されるぞ」と目的をもってより深く学ぶことができます。

 

■ 「PMIイズム」も学べ

当社として、本コースでPMP®受験者の皆様に最も学んでいただきたい部分は、各タスクの内容もそうですが、教材内の「プロジェクトマネジャーに期待されているアクション」についてです。

現在のPMP®試験問題はシナリオ問題(シチュエーション問題)になっています。設問では、プロジェクトの状況や状態等が記載され、その状況や状態等に対して、プロジェクトマネジャーとして最も適切な思考や行動や姿勢はどのようなものかが問われます。

試験問題の解答選択肢を見ると、「実際のプロジェクト現場で選択しそうな選択肢」も含まれています。

しかし、PMP®試験では、米国PMIがPMP®として「あるべき行動・思考・姿勢」を正解として設定しています。

つまり、皆様が日々おかれている実際のプロジェクト現場や環境、慣例等ではなく、米国PMIがPMP®として「あるべき行動・思考・姿勢」に合致しているものを試験では選択する必要があるのです。

この、米国PMIがPMP®としてあるべき行動・思考・姿勢」を「PMIイズム」と呼んだりします。

実は、このPMIイズムを学べるドキュメントとしてECOは活用いただけるのです。

本コースでは、各タスクの動画で「プロジェクトマネジャーに期待されているアクション」を解説しており、これらを「イメージ」をしながら視聴いただくことで、PMIイズムを感覚として身に着けられるように制作されています。

 

■ スキマ時間で効率的に学べる

本コースは、当社の特徴であり、皆様から好評いただいている、オンライン完結型の映像型のeラーニングとなります。

テレビやYouTubeを見るように学べます。

また、お客様のパソコンやスマホのブラウザからご利用いただけます。

​各ECOタスクの解説動画は5分~10分になりますので、お仕事の合間や移動時間などのスキマ時間でも効率よく学べます

【映像時間合計】約4時間45分(映像は学習しやすいように5分~10分前後のコンテンツに分かれています。

【標準学習時間合計】約4時間55分(映像学習、教材ご利用方法や注意事項のご確認などを考慮した標準的な学習時間です)。

 

お得な「PMP®模擬試験」とのセットもご用意

皆様からのご要望にお応えし、当社にて長年PMP®受験者の皆様にご利用いただいているPMP®問題集+模擬試験コース」とのお得なセットをご用意しています。

セットでのご購入は当社「PMP®問題集+模擬試験コース」のページをご確認ください。

PMP®問題集+模擬試験コース」のページは<こちら

当社では、効率的かつ最短でPMP®に合格するために、以下の手法でPMP®受験勉強をされることをおすすめしております。

  • 本コース「ECO完全攻略ガイド」にて出題範囲とその内容を把握する。

  • PMP®問題集+模擬試験コース」にて実際に問題集や模擬試験を解き、現在のPMP®試験の傾向を把握するとともに、ご自身が「弱い部分」を把握する。

  • 「PMBOK®ガイド第7版」や「アジャイル実務​ガイド」で弱いところを学ぶ。

  • PMP®問題集+模擬試験コース」にて学びの度合をチェックする。

  

「PMP®受験教材」シリーズ

ECO完全攻略ガイド

eラーニング

eラーニング講座目的

 

  • PMP®のECOの重要ポイント(要点)を確認する。

  • PMP®試験に向けて、PMP®のECOの「おさえておくべきポイント」を知る。

  • PMP®のECO、PMBOK®ガイド第7版、PMP®試験問題の​関係性を知る。

 

本講座の特徴

 

  • テレビを見ているように、映像を見ながら学べる講座。

  • パソコン、スマートフォン、タブレットでも学べ、移動時間やスキマ時間に学べる講座。

  • 各ECO毎に映像教材にて、各タスクの内容、各タスクがPMBOK®ガイド第7版のどの部分に該当しているのか、各タスクにてプロジェクトマネジャーに期待されるアクション、各タスクがどのような試験問題として出題される可能性があるかの例題とその解答時の考え方を解説しています。

 

受講対象者

 

  • ECOの重要ポイントを把握したい皆様。

  • 出題範囲を把握し、効率よく受験勉強したい皆様。

  • 2024年1月以降にPMP®試験を受験される皆様。

本コースは、2024年1月以降、PMBOK®ガイド第7版を前提としたPMP®試験の合格をめざす受験生を対象に編集されています。

本コースは、初めてPMP®試験に挑戦する皆様が、短期集中的にPMP®試験について学べる入門的な教材のひとつです。

学習時間

 

  • 映像時間は合計約4時間45分です。映像は学習しやすいように5分~10分前後のコンテンツに分かれています。通勤・通学・お仕事の合間などにご自身のパソコンやスマートフォンで動画を見ながら楽しく集中して学べます。

  • 標準学習時間は合計約4時間55分です。映像学習、教材ご利用方法や注意事項のご確認などを考慮した標準的な学習時間です。

コンテンツ/教材

 

  • パソコンからアクセスいただくと、教材と映像教材が同時に見れます。教材と映像教材の表示比率(拡大・縮小)の変更ができ、受講者様のお好みのサイズで学ぶことができます。

  • スマートフォン、タブレットからアクセスいただけますと、教材と映像教材が見れます。

  • 基本教材はパソコンまたはスマートフォンで表示されます。印刷などは不要です。(教材は画像の画面表示のみとなりダウンロードはできません)

 

<以下サンプル画面>

<eラーニングシステムの操作性に関する画面>