プロジェクト終結報告書とは?

プロジェクト終結報告書とは?

プロジェクト終結報告書は企業や組織によってフォーマットが決まっていたり、記載する内容の明確な指示があったりする場合があります。

一度、自組織のフォーマットやルールを確認してみましょう。

 

ここではプロジェクト終了報告書にて最低限記載すべき内容を以下にお伝えします。

プロジェクト憲章はプロジェクトの開始を明示する重要な文書でした。プロジェクト終了報告書はプロジェクトの終結を明示する重要な文書となります。

 

ロジェクト終結報告書を作成する上で、プロジェクトマネージャが持つべき重要な観点が3つあります。

それは①今後の自組織のプロジェクトまたはプロジェクトマネジメントの高度化のための財産的情報になる、またはプロジェクトでの成果を引き継ぐ定常・継続業務での基礎的な情報になるという認識をもって作成すること、②公平・公正な立場で事実・原因・結果を記載すること、③自らだけの観点ではなく、ステークホルダーからも情報を収集してプロジェクト全体としての終結報告書とすること、などです。

 

※記載項目は本書をご確認ください。

 

(出所)担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座 https://www.amazon.co.jp/dp/4534054696

 

目次へ戻る

 

【PR】大好評<重版決定>:成果を出すプロジェクトマネジメントの実践的書籍

この度、日本プロジェクトソリューションズ株式会社では、今までの知識や経験、実績を評価いただき、プロジェクトマネジメントの実践的書籍を全国販売させていただくこととなりました。この1冊でプロジェクトマネジメントの実践的基礎が学べ、実践できます。また、個人の皆様におかれましては、キャリア形成に有用な知識と技術になっております。ぜひご覧ください。

 

  • Amazon 「プロジェクトマネージャ」ランキング最高1位

  • honto 「経営実務ランキング」最高1位

  • 八重洲ブックセンター「Weekly Top10」最高2位

  • Amazon 「経営理論」ランキング最高5位

  • 丸善・丸の内本店 「週刊ベストランキング」最高5位

 

担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座
日本実業出版社
Amazon専用サイトはこちら ⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4534054696

 

【PR】即実践型プロジェクトマネジメント研修

日本プロジェクトソリューションズでは、「今日から使える実践的プロジェクトマネジメント研修」を提供しています。複数のプロジェクトマネジメント理論の共通点と豊富なプロジェクトマネジメント経験から生み出された弊社独自のプロジェクトマネジメント知識体系「即実践型プロジェクトマネジメント研修」をベースに研修をご提供しています。段取り力に悩む企業の皆様は是非ご検討ください。
弊社専用サイト: http://www.japan-project-solutions.com/#!training-3stage-pm/c1jtg