変更要求とは?(変更管理とは?)

変更要求とは?(変更管理とは?)

スコープ、資源、スケジュール、コスト、リスク、品質などの進捗確認を経て、是正措置や予防処置が必要、かつプロジェクトプロジェクト憲章やプロジェクトマネジメント計画書の計画を変更しなければならない施策の場合、「変更要求(Change Request)」をまとめていきます。

 

また、計画と現実の差の分析によっては、目的や目標、計画の微修正や修正自体が必要な場合もあります。この場合も「変更要求」をまとめていきます。これらさまざまな変更要求は「変更登録簿」に記録していきます。

なお、変更登録簿の内容は、この後に説明する変更内容の決裁者との会議等で議論されます。したがって、変更要求は単なる「要求」だけではいけません。各変更の変更は何なのか、なぜ変更が必要なのか、変更範囲はどこまでか、各変更をする理由や変更しなかった場合の影響とは何か、各変更を実施した場合の便益(ベネフィット)は何か、資源・タイム・コスト・リスク等の影響はどうなのかなどの情報を最低限入れておかなければなりません。

 

また、課題に対する変更要求が複数パターンある場合は、それらをすべて明示し決裁者に決裁を求められるようにしておく必要があります。

もしも皆さんが決裁者の立場になったらと考えてみてください。

例えば、「Aという課題が発生し、それによりBという是正措置を実施したいです」と承認を求められたとします。

その時に、なぜその課題が起きたの?なぜBでなければいけないの?Bを実施するとコストが上がる?スケジュールが伸びる?追加人員や機材等の資源は必要?リスクはないの?などのさまざまな疑問が出てくると思います。

 

これらを説明できる合理的な理由を用意しておく必要があります。決裁者の立場に立って変更要求を変更登録簿に記載していくことをおすすめします。

 

(出所)担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座 https://www.amazon.co.jp/dp/4534054696

 

目次へ戻る

 

【PR】大好評<重版決定>:成果を出すプロジェクトマネジメントの実践的書籍

この度、日本プロジェクトソリューションズ株式会社では、今までの知識や経験、実績を評価いただき、プロジェクトマネジメントの実践的書籍を全国販売させていただくこととなりました。この1冊でプロジェクトマネジメントの実践的基礎が学べ、実践できます。また、個人の皆様におかれましては、キャリア形成に有用な知識と技術になっております。ぜひご覧ください。

 

  • Amazon 「プロジェクトマネージャ」ランキング最高1位

  • honto 「経営実務ランキング」最高1位

  • 八重洲ブックセンター「Weekly Top10」最高2位

  • Amazon 「経営理論」ランキング最高5位

  • 丸善・丸の内本店 「週刊ベストランキング」最高5位

 

担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座
日本実業出版社
Amazon専用サイトはこちら ⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4534054696

 

【PR】即実践型プロジェクトマネジメント研修

日本プロジェクトソリューションズでは、「今日から使える実践的プロジェクトマネジメント研修」を提供しています。複数のプロジェクトマネジメント理論の共通点と豊富なプロジェクトマネジメント経験から生み出された弊社独自のプロジェクトマネジメント知識体系「即実践型プロジェクトマネジメント研修」をベースに研修をご提供しています。段取り力に悩む企業の皆様は是非ご検討ください。
弊社専用サイト: http://www.japan-project-solutions.com/#!training-3stage-pm/c1jtg